おはようございます。

今朝も3時半に起きて瞑想と

朝のお勤めをしていました。

とても気持ちが良いのでぜひ

皆さんも体験してください。

今朝は、葬儀について思う

特に参列者のための葬儀とは

何かということについて私なり

の考えを書きたい思います。

前回私は葬儀は故人様のために

なっている、喜んでおられる

と書きました。では参列者に

とってはどうかということです。

故人様との関係の深さによって

悲しみの度合いが違うのですが、

参列者にとって良い葬儀にするためには

いくつかポイントがあります。

それは・・・・・

 

①お金儲けしか考えていない葬儀社を選ばないこと

口コミを参考にすること

②スタッフの接遇が良いところを選ぶこと

③菩提寺さんにわかりやすい葬儀をしてほしいと

お願いしてみること

④結果として気持ちが込められた葬儀であったかどうか

⑤料金が明確化で、簡素、且つわかりやすく納得できる

ものであったかどうか

⑥式場の雰囲気は落ち着いて良かったかどうか

⑦お斎など食事がゆっくりとできたか

⑧食事の内容及び味は満足できるものであったかどうか

⑨菩提寺が無い場合、お願いしたお坊さんの接遇態度は

どうであったか

⑩式場担当者は誠実な対応をしてくれたかどうか

(順不同)

だいたいこんな感じかなと思います。

ひとつづつ説明をしていきますが、

まずは①の葬儀社の見分け方です。

一番確実なのが、近隣の葬儀社全てを

事前に自分の足でまわってみることです。

そして事前相談をしてみることです。

そうすればそこがどんな式場か一発で

わかります。お金のことしか考えていないか

どうか、追加の費用がたくさんかかるかどうか、

セット料金の中に入っていないものが多いか

少ないかどうかなど。ここでまあいいか

としてしまうと後で後悔します。費用も

何十万円も違ってきてしまいます。

だから重要なのです。

さて、②以降はまた次の機会で。

 

本日も良いご縁に恵まれますように

合掌