おはようございます。

今日はゴールデンウィークの真っ只中という方も

大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

これから天気が崩れてくる予報なので、お出かけ

する方はお気をつけください。

さて、前回の続きです。

葬家、参列者にとって良い葬儀とするために何が必要なのか

ということですが、②の接遇の良い葬儀場を選ぶということ、

まあこれは改めて説明する必要もないのでしょうが、

接遇の悪いホールや担当者、スタッフにあたったら最悪です。

ある意味葬儀はお寺さん以外で言えば担当者で決まるといっても

決して言い過ぎではありません。

なぜか?

担当者によっては、自分の売上をあげることに躍起になっていて

どんどん追加発注させるようにもっていったり、高価なものを

すすめてきたりと、(聞いた話です)

そんなことをする人もいるようですよ。

また、ご葬家の話もろくに聞かずにどんどん進めていったりと、

そういう人に限って尊大であったするものです。だから

接遇の良くないホールには決して頼まないことがベストです。

では接遇の良いところと悪いところの見分け方ですが、

これはもちろん自分の目で確かめることです。もうそれしか

ありません。いくら私がエンディングハウスあかりは最高です

と言っても信じてはいけません。(笑)

絶対に自分の目で見て話をしてみてきめられることを

おすすめします。だからこそ、事前相談が必要なのです。

事前相談をしてもお金も取られないし、営業をかけられることも

ありません。最初はちょっと敷居が高いかもしれませんが、

思い切って電話をしてみてください。きっと良かったと

思うはずですよ。

では、続きはまた次回へ・・・

 

今日も良いご縁に恵まれますように。

合掌