5月上旬でございますのに、この肌寒さといったら・・・

皆様、ご体調を崩されていらっしゃいませんでしょうか。

さてと・・・この気候だし、何を着ていこうかしら・・

長野県ほどではないでしょう、と思いながら、

久し振りに京都へ出掛けてまいりました。

今回の旅の目的は、京都劇場での大好きなミュージカルの

観賞でございます。

一泊二日という強行スケジュールもなんのその‼

元気いっぱいのわたくしでございます。

修学旅行生でごった返す駅周辺、

何処へ行っても人、人、人・・・

でもせっかく京都に来たのだし、

どこか一ヶ所ぐらいは訪ねてみようかな、ということで、

今回わたくしが訪ねたのが、

修学旅行コースによく入る三十三間堂の東側にございます、

「養源院」でございます。

浅井長政公の院号「養源院」がお寺様の名前になっています。

三十年程前に一度だけ拝観させて頂いた事を思い出しながら、

ゆっくりと本堂へ向かいます。手を合わせ頭を下げて、

入りました正面で、俵屋宗達の獅子図がお出迎えしてくれます。

奥に進みますと、宗達の松の襖絵、白い象の描かれた杉戸・・・

「これ、日本史の教科書で見たことあるかも・・・」

お寺様が一つ一つ丁寧に説明もしてくださいます。

数奇な運命を辿った、浅井、豊臣、徳川の

眠る場所だそうでございます。

徳川二代将軍秀忠公と夫人の崇源院様のお位牌には、

菊、桐、葵の紋が入っていらっしゃいます。

つい先日、お位牌の『殿』の字について、

話してくれた上司の顔が浮かび、

長野に帰ったら、初めてそれを見た事を話そうなどと

思いながら次へ・・・

この続きはまたお話させて頂きたいと存じます。

つ・づ・く・・・