立秋とは名ばかりの暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

先日、あるお宅へ伺った時のお話しでございます。

手入れの行き届いた温かい雰囲気のお庭、

お邪魔する度に少しずつ変わる季節のインテリア、

何て素敵なんだろう思います。

テーブルにはお洒落なティーマット、コースターに冷茶の入ったグラス、

銘々皿にはおしゃれに盛り付けられた和菓子、

(何のお菓子だろう・・水無月?葛餅?)

「さあ、召し上がって。」「頂戴致します。綺麗な器ですね。」

「ありがとう。」様々なお話をしておりますと、

「そうそう、見て頂きたい物があるの。ちょっと待って下さいね。」

と、お席を外されました。さっきからずっと気になっていたんです、

(この和菓子の下に敷かれてる葉っぱは何?シソ?

でも和菓子にシソ?・・どれどれ・・)葉っぱを手に取り

失礼致します・・(あれ?シソの香りがしない・・)

「お待たせしました。これなんですけど。」見せていただきながら

また話がはずみます。

「それではわたくしはそろそろ・・。お菓子も本当に美味しくて

最後の一口はシソの葉でくるんで頂いてしまいました」

「えっ⁉食べちゃったの⁉あれ、シソじゃないの。私も一度も

食べた事がなくて。食べられるのかしら。後で食べてみましょう。」

「・・それではこれで失礼致します。ありがとうございました。」

笑顔で送って下さり、わたくしも笑顔で車に乗りました。

そして角を曲がった所で車を止めました。

(食べられる⁉食べられない⁉わあああ‼事務所に電話して誰かに調べてもらおうか。

いや待って。こんな事で電話するなんて。とりあえず今、わたくしは元気・・)

何とも言えない感じで会社に戻りました。事務所にいたスタッフ達に話し、

笑われたのは言うまでもございません。すぐに調べてくれて食べられるとわかり、

(美味しい食べ方まで調べてくれました)一件落着となりました。

皆様、これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

わたくしが魅せられた葉っぱは山ぶどうの葉でございました。