皆様こんにちは、いかがお過ごしでいらっしゃいますか?この度の台風の影響により、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。復旧には

多大なお時間、労力がかかる事と存じます。どうか一日も早く、平穏な生活に戻られますよう、心よりお祈り申し上げます。

先月末のことでございます。稲刈りの済んだ田んぼを左右に見ながら、お客様のところへ車を走らせておりました。道の真ん中に大きなマンホール・・

と思いきや!!こげ茶色のヘビさんが何重にもクルクル巻きになっていました・・到着し、ご挨拶もそこそこに「今そこにこんなへびがいました!」

「えー⁉稲刈りで居場所が無くなったのかなあ」と本題を忘れ、へびさんについて語り合ってしまいました・・。又、先週始め、ある施設様へ伺う時の事でございます。狭い道、そして両側から木の枝が垂れ下がり、(えっ⁉まさか今のはへびさん⁉)車を脇に寄せ後ろを振り返りました。違いました、それは木の枝でございました。(ああ、びっくりした・・)車をスタートさせ左にカーブいたしましたその時!!ねずみ色のへびさんがまたもクルクル巻きになっていました・・到着し、応接室にご案内して下さり、本題に入ります前に「この辺りは、あの、何と申し上げて良いのか・・へびは結構出できたりするのでしょうか?」「あれ、どこにいました?ここの寮長の部屋に小さいのが入ってきたり、玄関にいたり、この前はほら、あそこにつばめが巣を作ってますでしょ?あれをへびが壁をつたって取ろうとしたみたいで、でも体が戸に挟まってもう皆で大騒ぎ。男性スタッフが外してあげて、そんな事があったんですよ。」わたくしは本当にへびさんが苦手です。しかし、施設長様からこのお話を伺った時に、何とも言えない温かい気持ちになりました。

「こういう場所だとわかってもらって、気を付けて来て下さいね。」「もちろんです!」あっという間に二時間近くが過ぎ、施設様を後にいたしました。二時間が経ち、もうそこにいるはずもないへびさんを思い出しながら、また車を走らせました。