この度は、ご愁傷様でございました。頂いたお言葉に甘んじる事なくこれからも精進して参ります。