この度はお疲れ様でした。遠いところから取るものも取らずお母様の為に着の身着のままで来られたお姿とお母様に対しての気持ちを強く感じました。

これからも頂いた言葉を胸に頑張っていきます。