不祝儀袋の「御霊前」と「御仏前」はどう違うのですか?

宗派や地域によって違いもありますが、一般的には、故人が亡くなった日から四十九日以降には「御仏前」、それより前には「御霊前」となります。ですから、通夜、葬儀、告別式に持参する香典の表書きは「御霊前」、四十九日の忌明け以降は、「御仏前」になります。

仏教では人が死んでから7週間(四十九日)の間、新しい生へと生まれ変わるための準備をしているとされ、その間、現世と来世のどちらにも位置しない存在である「霊」は「御霊前」、そして四十九日後、最終審判が行われ、はじめて「御仏前」となります。亡くなってから、7日ごとに次の生まれ変わりのための審判が行われるとされ、故人が善い世界へ生まれ変わることを願って行われるのが、7日ごとの追善供養なのです。

不祝儀袋は、繰り返さないという意味を持つ結び切りの水引のもので、文字は薄墨を用いて書きます。

もしものときはお電話
ペット葬一心
愛光苑

PAGE TOP