通夜への参列

本来、通夜は遺族や近親者をはじめ、故人とごく親しい人たちが別れを惜しむためのものです。

それ以外の方は、従来告別式に参列していました。最近では、その辺りの区別がなくなり、都合のつくほうに出ているようです。親しい方はお通夜、葬儀・告別式両方でる方が多いようです。

本来、喪服とは喪に服する人のものなので通夜では地味な外出着程度で構いません。ただし、あまり派手なものは好ましくありません。

もしものときはお電話
ペット葬一心
愛光苑

PAGE TOP