香典のマナー

香典は通夜か葬儀または告別式に持参します。

香典は不祝儀袋におさめ、ふくさや風呂敷などに包んで持参します。受付があれば受付に、受付がない場合はご遺族に手渡すか、祭壇に供えます。

香典を包む不祝儀袋と表書きは宗旨によって異なります。外袋の裏側は、慶事とは逆で、上を下にかぶせて折ります。水引は不幸が二度とないことを願って「結び切り」にし、のしはつけません。

表書きは、仏式では「御霊前」「御香典」「御仏前」、神式では「御玉串料」「御榊料」、キリスト教式では、「お花料」などとします。

香典の金額は、故人や遺族との付き合いの程度、包む側の年齢や社会的な地位、また、慣習等によっても違ってきますので、一概にいくらとはいえません。一般に故人が近親者の場合は、血縁に近いほど多く包むようです。

後々のことも考えて、身内や親しい方と相談して決めるとよいでしょう。

香典の目安

もしものときはお電話
ペット葬一心
愛光苑

PAGE TOP