友友会がございました。

皆様こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

本日は友友会がございました。

あかりの式場はキャンドルの炎で照らされていて、とても幻想的です。

今回は東昌寺御住職の飯島恵道師をお迎えし、御詠歌のお話をしていただきました。

一人では出来ないことも多くの人とともに学び、励むことによって楽しみになり

充実した人生を歩むことが出来ます。

現在、全国で16万人以上の方々が梅花流詠讃歌に親しんでいるそうです。

お唱えを通して仏様の教えに目覚めた感動や歓びが得られる仲間の集いが梅花講です。

御詠歌とは五・七・五・七・七の短歌形式になります。

聖号・讃宝御和讃・南こうせつさん作詞の「まごころに生きる」を参加者の皆様と一緒に唱和しました。

聖号は納棺の時に唱える事もあるそうです。

会の最後には、大切な方や故人様とのお別れを惜しみ、死後の幸せを祈り、皆で御詠歌をお唱

えさせていただき本日の友友会は終了になりました。

とても有意義な素敵な時間でございました。

<

関連記事

もしものときはお電話
ペット葬一心
愛光苑

PAGE TOP