デスカフェ信州

昨日より、幾分寒さが和らいでいるとの事でございますが、外へ出るのに気合を入れております。

こんにちは、皆様本日はいかがお過ごしでいらっしゃいますか。

12月1日、『デスカフェ信州』を開催いたしました。

(デスカフェって何だろう・・デスって、あのデス?)

沢山のご質問を頂戴致しました。

デスカフェとは、2004年にスイスの社会学者バーナード・クレッタズ氏が、

最愛の妻との死別をきっかけに、地元のカフェで開催したのが始まりと言われております。

コーヒーやお茶、ケーキやお菓子、ドーナツなどを食べながら、

普段あまり触れることがない、出来る事なら避けたい『死』について

気軽に語り合うというものでございます。

今回初めてのデスカフェであり、主な参加者は大学生さんという、

他にはないものとなりました。色々な考え方がございます。

色々な参加者様がいらっしゃいます。発言している方を否定したり、

自分の意見や考えを押し付けたり、そのような事はこのデスカフェではございません。

聞いて何かを解決しようとか、それもございません。

言いっぱなしでございます。県内各地からも多くのお問い合わせを頂戴致しまして、

本当にありがたく存じます。今後は年3~4回の開催をしていけたらと考えております。

「生は偶然、死は必然」などと言われますが、死について考え、語ることにより、

生をより豊かで素晴らしいものにしていけたら、と考えます。

デスカフェ信州にご参加下さいました皆様、本当にありがとうございました。

心から感謝申し上げます。

 

関連記事

もしものときはお電話
ペット葬一心
愛光苑

PAGE TOP