見えない恐怖との闘い

皆様こんにちは。今現在、世界的にも日本においても新型コロナウィルスとの闘いの日々です。日本においてはまだ諸外国に比べれば感染者の方、亡くなられた方は少ない方ですが昨日の報道では東京都で118名の方が新たに感染してしまったとの報道でした。今、一番危惧されるているのは感染経路が不明な方が増加している点ではないでしょうか。エンディングハウスあかりでは葬儀ホールと言う特性上、どうしても不特定多数の方がご来館になる場所にもなりますので今出来る限り最大限の予防策は実施しております。具体的には先ずは社内からしっかりと感染予防の徹底を図る観点から職員全員、出勤時、退勤時の検温実施、マスク着用、冠婚葬祭等で県外もしくは、やもえず、今言われている三密にあたる場所に出入りしなければなならい場合は事前に会社に申告しその日より2週間の自宅待機を義務付けています。当社は老人ホームを経営している会社でもありますので入居の方の大切な命を守る必要があるからです。葬儀においてもここ1ヶ月ほどで明らかにお客様の意識が変化してきており、大勢集まっての食事は避け、最小人数に絞りしかも盛込み料理は避けて銘々膳にしたり、持ち帰り用の折に変更したりと苦慮されています。先が未だ見えない状況ではありますが、必ずこの危機を乗り越えられると信じてとにかく今は私達一人一人が自覚をもって行動して行く事が大切なのではないでしょうか。

関連記事

もしものときはお電話
ペット葬一心
愛光苑

PAGE TOP