素晴らしき坐禅と経行(きんひん)

皆様こんにちは。本日もいかがお過ごしでいらっしゃいますか?
お暑うございますι(´Д`υ)水分を充分にお取りいただき
どうぞお身体ご自愛下さいませ。
わたくしたちは本日、白板にございます曹洞宗東昌寺様にて、
坐禅研修を受けさせていただきました。 
相手に尊敬の念を表す作法と言われる合掌に始まり、
無になる、空になる、執着を捨てることなど、
坐禅を通して様々なことを学ばせていただきました。
無になるというのは、何と難しいことでございましょうか・・・
あれはどうかしら、これはどうだったかしら・・・
頭に浮かんでしまった事を次々と捨てていく・・・
坐禅中は目も半開きにいたします。これはまた
何とも言えない眠気を誘い・・・(=_=)
気が付けばウトウト・・・はっΣ(・□・;)
わたくしは合掌し、警策(きょうさく)を入れていただきました。
右の肩を打っていただき坐禅が続きました。
坐禅後はメモリアルカンファレンス、その後は楽しみな
精進料理をいただく時間です(‘ω’ )三(‘ω’)三( ‘ω’)
食材を無駄にしない、手間を惜しまない、整理整頓を心掛ける、
精進料理をいただいて、身も心も豊かになりました。
出来ることなら毎日いただきたいです(* ´艸`)

素晴らしい豊かな一日がこうして過ぎようとしております。
ところで・・・坐禅を行い、引き続き坐禅をする場合、
途中で経行(きんひん)を行います。説明がなかなか難しいのでございますが、
立ち上がり、呼吸をゆっくりと整えながら、足の甲の長さの半分だけ歩を進めて参ります。
わたくしの前は上司k、後ろには上司O、わたくしは呼吸を整えながら
Kの背中を見つめ、心静かに歩を進めております。ところが
途中から首筋に感じる何とも言えぬ鼻息の往復とその近さ!!!
上司Oの気合の入り方に関心しつつ歩を進めます。
経行が終わりました。上司Oの後ろにいたスタッフMの一言・・・
「上司O、近すぎ!!!」どうやら上司Oは途中から目を閉じて歩いていたらしく
目を開けたら目の前に私の首が・・・
いつでもどこでも何かがございますわたくしたち、あかりスタッフ
どうぞ皆様よろしくお願い申し上げます(*´艸`*)

関連記事

もしものときはお電話
ペット葬一心
愛光苑

PAGE TOP