O様より

この度は、誠にご愁傷様でございました。

急な事でしたので、心身ともにお疲れにもかかわらず、家族、親族でお見送りしたいとの皆様のお気持ちに寄り添い、お手伝いできたなら幸いでございます。最後に頂いたお言葉を忘れずに精進して参ります。また、何かお手伝い出来る事がありましたら、いつでも、ご連絡を頂ければと思います。ありがとうございました。

もしものときはお電話
ペット葬一心
愛光苑

PAGE TOP