H様より

この度は大変ご愁傷様でございました。

ご家族として、大切な方のお見送りや儀礼も、初めてでいらっしゃるという中で、一つ一つを丁寧に、きちんと皆で考えていきたいというお気持ちが、しっかり伝わってまいりました。
今後もご一緒に、又、お見守りさせていただければと存じます。

頂戴致しましたお言葉に甘んずる事なく、今後も精進してまいる所存でございます。
この度は大変お疲れ様でございました、ありがとうございました。

もしものときはお電話
ペット葬一心
愛光苑

PAGE TOP