「お寺でおみおくり」本格的にスタート致します。

このところ、梅雨ですから仕方ないかもしれませんが雨が降ったりやんだりはっきりしない天気が続いていますね。昨日は熱海市で土石流災害が発生し命を落とされてしまった方もいらっしゃると報道されており未だ行方がわからない方もいるとの事で、亡くなられた方には心からお悔やみ申し上げますと共に行方不明の方の無事を切に願っております。お話は変わりますが予てからエンディングハウスあかりではホールでのご葬儀、法事は勿論、出張葬、(寺院や自宅)でのご葬儀、法事もお客様のご依頼があればご要望に応じて承っておりましたが、6月末時点で長野県内の北信、東信地区で129ヶ寺の寺院が賛同しています、お寺でおみおくりのフランチャイズに加わり、中信地区をこのエンディングハウスあかりで担う事となりました。コロナ禍で小規模な葬儀を希望する方々が増えつつある中、葬儀そのものを簡素化しようとされる方も出てきているのも否めません。しかしながら、葬儀は故人のご供養も勿論大切ですが、残されたご遺族と故人様との人生に共に関わって来られた方々にも気持ちの整理をつけて、あらたに前に進むためにも必要で大切な節目でもあります。葬儀ホールが建つ前は皆。自宅や菩提寺、公民館等で葬儀を執り行っていました。確かに時代と共に近隣とのお付き合いの変化や価値観も変わり昔と全く同じようにはならないかもしれませんが、小規模なお見送りだからこそ、お寺でのおみおくりも選択肢だと思います。葬儀ホールにはお寺にはない便利な設備や快適性も確かにありますが、お寺の本堂にありますあの厳かな雰囲気は葬儀ホールでは絶対にまねのできないものでもあります。又、ホールと違い、過剰な演出や飾りも本堂での儀式には不要とも言えますので、費用面でも低予算で行えるメリットがありますのでお寺でのお見送りをお考えの方は、菩提寺がある方は住職様にご相談なさってみて下さい。又、お寺とのお付き合いが無い方もあかりへご相談頂ければご要望に応じたお寺様をご紹介することも可能です。その他ご葬儀やお墓の事お悩み事がありましたらお気軽にエンディングハウスあかりへお問い合わせください。

関連記事

もしものときはお電話
愛光苑

PAGE TOP